唐の芋のいもがら

唐の芋は里芋のようですが大き目で、ほっこりとした食感でとても美味しいお芋です。
秋に収穫しけんちん汁に入れて食べると絶品です。また茎は収穫時に切り分け、皮を剥いてカラカラになるまで干していもがらにします。時節によって湿気が多いと上手にできません。
今の時期、ちょうど良いいもがらが出来ていて、おばぁちゃんが切り口の固い部分など取り除き下ごしらえをしていました。

乾燥させたいもがらから不純物を取り除く   食べやすいサイズにカットして、調理するときは水で戻します。
この地では古くからいもがらを作り、食べてきました。
調理するときは、水で戻してから、しいたけやこんにゃく等と一緒にいためます。素朴ですが美味しくつまみに最高です。
鈴加園では今の時期お通しで召し上がれます。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks