オートキャンプ場のご利用とキッチンが走る!再放送

紅葉もピークが過ぎて、寒さも一段と増し雪が降り、鈴加園のある荒川では5cmほど積もりました。
オートキャンプ場も今月一杯で本年の営業が終わります。たくさんのご利用ありがとうございました。来年度は4月から営業致しますので皆さまのご利用をお待ちしております。

オートキャンプ場からの荒川橋と囲炉裏の丘 オートキャンプ場荒川橋より上流域

NHKの番組「キッチンが走る!」できのこに焦点を絞った放送があり、2011年に鈴加園で撮影した場面が再放送されるようです。
11月30日16:05からの放送ですのでお見逃し無く。

原木にたくさんのしいたけ 囲炉裏で新聞紙を掛けて焼きます

鈴加園「キッチが走る!」の記事
http://suzukaen.com/blog/news/239

NHK予告:キッチンが走る!にっぽん全国食材図鑑 第3集「きのこ」
http://www4.nhk.or.jp/kitchen-wagon/x/2016-11-30/21/1169/2515625/


ご休憩やお食事の際には鈴加園、道の駅あらかわ鈴ひろ庵のご利用をお待ちしております。
御予約、お問い合わせはこちらからお願いします。

ご予約・お問い合わせ
電話番号 0494-54-1234
電話対応:営業日の9時〜18時

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

食欲の秋はジビエのすすめ

食欲の秋にはジビエ料理は如何でしょうか。
鈴加園オススメの石器焼き、ナベ料理は新鮮な野生のお肉を使用したジビエ料理です。
柔らかく臭みが無く脂身の少ないヘルシーなスタミナ料理です。
また、お野菜やきのこも地元で収穫できる旬のものを使用しているのでとっても美味しく頂けます。
ぜひお食事にご利用ください。
奥秩父の味覚を堪能ください。

新鮮なジビエを石焼で頂きます イノシシ鍋で体の中から暖まります

ご予約・お問い合わせ
電話番号 0494-54-1234
電話対応:営業日の9時〜20時


先月放送されたアドマチック天国「奥秩父温泉郷」を見逃した方はこちらからご覧になれます。

TV東京の放送されたスポット
http://www.tv-tokyo.co.jp/travel/adomachi/20140927.html

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

栗の渋皮煮

秋の味覚、栗がとても大きく見事な実を収穫できています。
こくがあり甘みも強くて今年の栗は大当たり!です。
鈴ひろ庵では、大粒極上の実を渋皮煮に仕上げました。
とってもこくのある美味しい一品ができました。

栗の渋皮煮。パックと瓶詰め 大粒の栗で美味しい渋皮煮ができました。

栗の渋皮煮販売価格
1パック(5〜8個入):520
1瓶(8〜10個入):850円 ※瓶に入れることで保存が効きます。

鈴ひろ庵にて販売しております。
お手軽に召し上がりたいときには「モンブランソフトクリーム」に渋皮煮の栗粒がついてますのでこちらもお勧めです。

販売価格
モンブランソフトクリーム:400

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

石器焼きジビエのススメ。

地場の食材、その時その時期旬の野菜やきのこ類や川魚、そして新鮮なお肉。
煙が出ない、焦げない石器焼きで余分な油分を落とし焼きたてを召し上がる。
多分、日本で唯一(世界?)の荒川の砂岩の固まり使用した「石器焼き」。
鈴加園でお出しするお勧め料理です。
石器焼きでは沢山旬の食材が食べられます。 お店ではお肉をみそだれや行者にんにく醤油につけていただきます。

梅雨になり作物たちは伸びやかに育ち、シカやイノシシもやわらかく脂がのりとても美味です。
これから暑くなります。
元気に乗り切るために、スタミナ食欲増進にいかがでしょうか。

お問い合わせ
電話番号 0494-54-1234
電話対応:営業日の9時〜20時

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

榾木(ほだ木)の環境作りとカブトムシ

鈴加園ではしいたけの原木栽培していますが、降水量が少ないので榾木(ほだ木)の環境を整えるのに苦労しています。でも梅雨が明けたら活発に育つと思いますのでそれまで狩りとりはお待ちください。
最も野生に近い栽培方法で一定の長さに切断した「榾木(ほだ木)」を用いる方法です。一般的に外部環境の影響があるために生産量と品質は安定しにくいといわれています。しかし、天然条件と変わらない方法で栽培されるため、味は天然とほぼ変わらず美味しいので鈴加園ではこの方法にこだわっています。
榾木(ほだ木)の環境を作っています 大きくなったカブトムシの幼虫
栽培後の榾木(ほだ木)にはカブトムシやクワガタムシが育ちます。今はまだ幼虫ですが沢山いましたよ^^
この子たちは子どもたちの夏の昆虫採集に大活躍してくれます。
夏休みのレジャーにオートキャンプ場でお楽しみください!

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

鶴首かぼちゃの収穫と奥秩父の紅葉

昨年同様に鶴首かぼちゃが収穫できました。今年は昨年より大きくなり70cm前後の大きさです。鈴加園ではかぼちゃのスープにして、鈴ひろ庵では天ぷらでも頂けます。
収穫された鶴首かぼちゃ。今年は大きい〜 試飲させて頂いた鶴首かぼちゃのスープ。濃厚です!

スープを試飲させて頂きましたが、非常に濃厚で甘みが強くこくがあり美味しかったです。
奥秩父では、紅葉がピークを迎えています。今年はきれいに色づきました。
鈴加園での大きな窓から紅葉を眺めながらの食事は最高ですよ。
ドライブの際にはお立ち寄りください。
スタッフ一同お待ちしております。

鈴加園の大きな窓から、奥秩父の紅葉を満喫。

鶴首かぼちゃは、鈴加園売店、道の駅あらかわ鈴ひろ庵で販売しております。
販売価格
鶴首かぼちゃ:800円〜
※大きさで価格が変わります。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

静かにゆっくりと

ゴールデンウィークも終わり、夏休み前のこの時期は新緑に囲まれた静かで穏やかなキャンプ場になります。
キャンプで静かな時を過ごせる良い期間です。

鈴加園にはオートバイのお客様が良く立ち寄ってくださいます。大きな窓から新緑の山、川を眺めながらゆっくりと食事して頂いてます。
写真では掲載できませんが、大きな鹿がしとめられさばかれていました。また行者にんにくが最盛期です。とても美味しいジビエをご堪能頂けます。

いい景色とおいしい料理でゆっくりと楽しむ すくすく育った行者にんにく

・お知らせ
じゃらん、東京ウォーカーに鈴加園が掲載されるようです。未確認ですが^^;
これからお出かけの方で鈴加園が気になる方はごらんください〜

皆様のお越しをお待ちしております。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

オートキャンプ場「囲炉裏の丘」と旬の食材

5月の連休に向けて急ピッチでオートキャンプ場に新しい囲炉裏の丘を作るために作業を進めています。
建家の柱や軒は、鈴加園所有の山から切り出した栗やあかしあの木を製材します。なかなかの太さで立派な囲炉裏の丘になりそうです。連休には皆様にご利用頂けますのでお楽しみに。

製材中の栗とあかしあの木 もぎたてわさび菜と肉厚な原木しいたけ

只今畑ではほうれん草やわさび菜が取れ始めました。
鈴加園でお食事にお出しています。ぜひ旬の味をお召し上がりください。

また、先日お伝えした行者にんにくの鉢植えもそろそろ販売できますのでお問い合わせください。
道の駅あらかわ鈴ひろ庵と鈴加園売店にて販売します。

ご予約・お問い合わせ
電話番号 0494-54-1234

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

唐の芋のいもがら

唐の芋は里芋のようですが大き目で、ほっこりとした食感でとても美味しいお芋です。
秋に収穫しけんちん汁に入れて食べると絶品です。また茎は収穫時に切り分け、皮を剥いてカラカラになるまで干していもがらにします。時節によって湿気が多いと上手にできません。
今の時期、ちょうど良いいもがらが出来ていて、おばぁちゃんが切り口の固い部分など取り除き下ごしらえをしていました。

乾燥させたいもがらから不純物を取り除く   食べやすいサイズにカットして、調理するときは水で戻します。
この地では古くからいもがらを作り、食べてきました。
調理するときは、水で戻してから、しいたけやこんにゃく等と一緒にいためます。素朴ですが美味しくつまみに最高です。
鈴加園では今の時期お通しで召し上がれます。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

放射性物質の農産物への影響調査

埼玉県が放射性物質の農産物への調査を行いまして結果が出ております。
鈴加園でも調査して頂いており「しいたけ」野菜等への影響が無いことが解っております。お客様にご安心してお食事、購入して頂けますのでよろしくお願い致します。

こちらの調査が行われました   緑の部分は鈴加園での計測値です

この度の東日本巨大地震により、被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧・復興を心よりお祈りいたします。
また、これ以上原発被害が大きくならないよう心よりお祈りいたします。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks